スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エチオピア バス移動の巻


おはようございます。
最近トップページがうまく反映されないのですが・・・。
なんとかしなくては・・しなくては・・・


昨夜無事アルバミンチという町に着きました。
今日はその時の移動の話。

バスに乗るためには事前にチケットの購入が必要で、
チケットを持っていなかった私はホテルの人から
「明日チケットを買って明後日向かいなよ」
と言われたんだけど
どうしても明日出発したかったので、
とりあえず明朝早めにバスステーションへ行って、
席を確保し、もし無理だったらまたホテルへ戻ろうという
いきあたりばったりな計画を実行することに。

前日の夜、ホテルのタクシーのおじちゃんに声をかけられ、
明日バスステーションまで送ってもらうことにした。
朝6時半に出るバスに乗ると伝えると、
おじちゃんはなぜか「じゃあ、ここ(ホテル)を11時に出発だ」
という。

私「へ?11時?朝の??」
お「そうだよ、11時に行ったほうがいい」
私「えっ、私のバス6時半出発なんだけど11時って…。
あっ、おじちゃんもしかしてそれってエチオピアンタイム?
お「うんそうだよ」

そうなのである。
エチオピアでは国独特の12時間制のエチオピア時間というものが使われている。
まずはじめのサイクルは朝6時を0:00として7時は1:00になる。
12:00(日本の18時)で1サイクルは終わり、
2番目のサイクルは18時が0:00じとなってスタート、
翌朝6時の12:00に終わる。

つまりこのおじちゃんは>5:00amの事を言っていたのである。

時間の話をする時は、
事前にエチオピアンタイムなのか一般のヨーロピアンタイムなのかをしっかり聞いておく必要があるのである。

ちなみにこのことを忘れていて、
明朝バス停の車掌さんに「目的地まで何時に着くか?」
と聞いたときに
PM9時に到着だよ」と言われ若干途方にくれかけたのだが
これもまたエチオピアンタイムで、
どうやら昼の3時到着という意味だったらしい。


タクシーに乗りバスステーションへ到着。
時は5時45分、まだ日も明けていないというのに人人人でごった返している。
バックパックをしょっている私は歩くだけでも大変なほど。
バスは1日1本しかなく、
各行き先のバスが全てここのバスステーションに集まっているらしい。
加えて今日は日曜日。
そりゃこんなに混むわ・・・!
バスもめちゃめちゃ多くて排気ガスもひどくて涙がでるほど!
そしていつものごとく、街頭が少ないので真っ暗。

係員さんたちの協力の下、
目的地である「アルバミンチ」行きのバスになんとかたどり着いたが
やはり全車両満席。明日にしてくれとのことであった。

時間がないのでどうしても今日到着したかったのでなんとかならないかと考えていたら、
バスに乗っていたお兄さんが
「ワライタという町へ行けば、そこからアルバミンチ行きのバスが出てるよ」
と教えてくれた。
ワライタという町。
ガイドブックの地図に名前無いのでどこにあるのか何時に着くのかもよくわからなかったけど
とりあえず行ってやれーーと思い、
ワライタ行きのチケットを車掌さんに売ってもらう。
最初は「満席だから明日にして」と言われたが
「なんとか今日乗せてくれーーーー」と言ったら
ラッキーな事に今日のチケットをゲット!

バスチケ
↑チケット。オンリーアムハラ語。

そして朝の7時にバスは出発。
バスは私以外全員現地の人ばかりであった・・・。

なんでエチオピアのバスは全て早朝出発なんだろう。
と思っていたが、その答えはすぐ分かった。
なぜなら途中の道路には街頭が一つも無かったのである。
こんなところ夜走ったらさすがのバスも危ない。
目的地に到着した時も真夜中だったら何がなんだかわからなくなってしまう。
だから早朝しかバスがないんだろう。

バスに乗り30分ほど寝て、
目が覚めたらそこはもう広大な自然で溢れていた。
バナナの木、段々畑、湖、牛。。
どこかの集落だろうか、どんぐりのような家がたくさん並んでいた。
女の人もこどもも背中にたばねた大量の草をしょって歩いていた。
家畜とされている牛やらヤギやらもたくさんいた。
ここのあたりの動物たちはとても健康そうであった。
そりゃこんな豊かな草が食べれるんだもん、
インドの生ゴミやビニール袋をあさっている牛たちとは全然違った。
渋谷でジャンクフードばっか食ってたむろってる若者と、
田舎で栄養たっぷりの野菜や米を食って大地を駆け回ってる若者といったところか。

のどかな広場
↑景色の一コマ。

11時半、お昼休憩。
食堂のようなところで昼食をとる。
メニューが全部アムハラ語なのでサッパリ分からず、
とりあえず人が食べている物を指差して注文。

めし
↑こんなんでした。

卵とあらびきお肉を炒めた様なものをパンと一緒に食べる。
他の人はナンみたいな薄い生地だったけど、私はなぜかパンだった。
きっと気を利かせてくれたのであろう。
ちなみに昨日の夕食も適当に頼んだらこれと似たもので、
今回はナンがついてきた。
ナンというよりふわふわのでっかいクレープ生地のような感じだった。


1時半、ワライタのバスステーションに到着。
ここでアルバミンチ行きのバスを探す。

バスステーション
↑車内から見たバスステーションの様子。

よく見ると、ヤギがいるのわかるかな?


アルバミンチ行きを希望する人だかりが出来ていた。
1個目のバスには既に乗車する人が揃っていて乗れず。
20分程待つと、別のアルバミンチ行きバスが到着。
人だかりは我が先と凄まじい席の取り合いが始まった。
まるで正月のバーゲンである
ここで負けてられないとバックパックをしょったまま
バスの入り口に足をかける。
が、他の人も入ろうとして先に進まない!
多方面から押され引かれ、もみくちゃに。
あまりにもぎゅうぎゅうにされるので肋骨が折れるかと思った…
死に物狂いで車内に乗り込み、
席を探していたら優しい係員が前の席を案内してくれた。
なんとか席をキープでき一安心。
後ろを振り返ると無理やり乗車しようとしていた人たちが
係員に怒られたくさん降ろされていた…
バスに乗れる人数は座席の数だけ。
まだまだ待っている人は沢山いた。
自分はラッキーだったんだなぁ・・・。

2時半、アルバミンチに向けバス出発。

運転手
↑運転手さん。かっこいいー

国旗を見れば分かるが、
エチオピアはあのレゲエで有名なラスタの発祥の地。
いたるところにラスタカラーが塗られており
レゲエ好きな私にとってはちょっと嬉しい。
街中でもたまーにレゲエが流れている。
ジャマイカのレゲエとちょっと違う感じでまたこれもいい。
ただ殆どがエチオピアンミュージック。
なんていうか、演歌っぽいような、歌謡曲?っぽいような。
それもまたよろし。

ラスタバス
↑バスもラスタカラー

バスはのどかな道を走る走る。
山をいくつも越える。
クラクションを鳴らしながら家畜たちをよけていく。

ところがどっこい途中でパンクをしたらしく、
急遽停車。
スペアのタイヤに代えている間、
外に出て景色を見ていると、地元の子供たちが集まってきた。
「ハロー」というとニコニコしながら「ハロー」と言ってくれる。
笑顔がまたカワイイ!

バス修理中
↑バス修理中

かわいいこどもたち
↑こどもたち。

タイヤを代え再出発。
道中面白いものをいくつかみた。
まず竜巻
タイヤパンク地点から150mくらい先で竜巻が起きていた。
産まれて初めて竜巻を生でみた。
小さかったからちょっとしたらすぐ消えちゃったけど、
しっかりぐるぐる砂を巻いていた!


そして道端にワニ(!)がいた。
これはエチオピア人もびっくりしていた。
こんな昼間にワニが道端にいるとは・・・!
でもどうやら死んでいたっぽい。
でも、ワニって路上に出てくるんだなぁ。。。こわ。


時は昼から夕方。
暑い。暑いのである。
気温が何度か分からないけれど、暑い。
カーテンをしていても、クーラーがないから暑い。
風もあまり来ない。
普段全く汗をかかない私だけど
この時ばかりは手や額に汗をかいていた。

その中でバスが一瞬停車する。
「???なぜ止まったんだろう???」
と思ったら、どこからか果物をたくさん持った女の子達が
バスに集まってくる。
手にはバナナやマンゴーを入れたかごを持ち、
外からバスの乗客に向けて一生懸命声をかけている。
暑さしのぎか、ちょっとした空腹しのぎか、
みんな果物を買っていた。
人のお買い物を見ていたら、
どうやらバナナ半房で1ブル(約10円)らしい。
おやつを買ったらバスは出発。
「ちょっと小腹減ったなー」という私の気持ちに気付いたのか
バスのお客さんがバナナを3本もくれた。
エチオピアのバナナ、甘くて美味しい。



そして出発から12時間後の19時半、アルバミンチ到着。
やはりここも街頭が少ないため、暗い・・・。
その辺にいた親切(?)なお兄さんが助けてくれ
近くにある雰囲気の良いホテルへチェックイン。
交渉の結果、2泊で100ブル(約1000円)で泊まれることに!

ちなみどこのホテルも水シャワーのみ。
「ホットシャワーはないの?」とお兄さんに聞くと、
「このへんは暖かい地域だから、みんな水シャワーなんだよ」と。
オゥ、2ヶ月ぶりの水シャワー・・・。
ただいま、水シャワー。
日本の皆さん、もうすぐ2月だというのに私は水シャワーを浴びます。

でもアルバミンチはエチオピアの南部にあり
本当に暖かい地域みたいで
夜も半袖で気持ちいいくらい。
首都のアディスアベバ(寒い)と大違いです。


さて今日から観光するぞ!
と思ったのですが、ちょっとやりたいことがあるのでまったりいきます。
あと6日しかないのに。。。


エチオピアは面白そう。
アフリカ大陸は他の大陸と違う。


なんだか最近日に日に黒くなっている気がするのですが…
気のせい・・・じゃないよね・・・^^;
帰る頃にはアフリカ人?



↓ランキング参加中。暇な時にぽちっとオネガイシマス
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 結婚しても一人旅! (旧)100万円で100日間、ワクワク海外一人旅ホーム |

コメント

エチオピアはトランジットしか行ったことないけど、一気にアフリカって感じだね~!!楽しそう!!
時間が少ないのが残念だけど楽しんでね♪

残り少なくなってきたねぇ
日本に帰ってきたらこれがしたいリスト”に、私との会合をいれていただけたらコレ幸い♪

どんぐりのような家


・・・・・v-12
気になって先の文章が頭に入らず

楽しそう

見るもの全てが新鮮ね!
エチオピアタイムなんて、初めて聞きました。
んー、複雑だなあ・・・。

どんぐりの家の写真もアップアップね~

エチオピアって英語通じるの?
写真に写ってる子どもたちとか肌の色が違うから、ほんとに遠くにいるんだなぁって感じがするよ

こっちは最高気温9度でした
寒いよ!
帰ってきたらきっと寒くてびっくりするねぇ

banban

なんとかエチオピアも楽しむことが出来たよ。
今バーレーン。バーレーンは出ずに空港で6h過ごすよ。
はあ、絶対時差ぼけになる~

裕子さん

裕子さん!是非会いましょう!
もうずっとあってないですものね・・・。
早いようで私も26歳、すっかり一人前の大人です。
よっちゃんのユニクロが懐かしいです!

ラム子さん

さすがアフリカは全然違いましたね、
大陸が変わると世界が全然違います!

なつみ

英語・・・田舎でも一応通じたよ!
逆にエジプトはあまり通じなくて大変だった!
そっかそんなに寒いんだ・・・おそろしい・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://akiyohime.blog51.fc2.com/tb.php/91-301e6e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。