FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹江の友情


先週末は両家の顔合わせの為1泊2日で帰郷した。


新幹線を下りた直後のねっとりとした空気、
東京とはすこし違った雰囲気の女の子たち、
ギリギリ乗り遅れた時「次は4分後に来るから大丈夫だよ~」と
自ら親切に教えてくれた地下鉄職員のおじさん、
地元らしさというか「こういうの東京にはないなぁ」
と気付く自分はすっかり東京の人になってしまったのかなぁと思う。

顔合わせ前日の夜は、20年以上の付き合いのある
男の親友と久しぶりに遊びに行った。

約1年ぶりに自転車に乗り、フラフラとバランスを取りながら
土曜日の夜だというのにめっきり車通りの無い道路を走る。

昔と違ってめちゃくちゃな飲み方をしなくなった。
それ以上に色んな話をする。
まじめな話やバカ話、色々と続き、カラオケも爆笑しながら堪能し
午前1時前に解散。

5分くらいチャリに乗って、家に着く。
ふと携帯を見るとそいつから着信が入っている。
「忘れ物でもしたかな?」と思いかけなおすと

友「おーもう家ついたかい?」
私「おう、今ついたわ。どうしたの」

友「あんた、本当に結婚するんだな。そう思うと、おめでたいけどやっぱり寂しいわ。」
私「何いっとんの。結婚したって今までとかわらんわさ。またこうやって遊ぶし」
友「そうだけどさ、少しは寂しいわさ。」

そうだよな、もし自分が逆の立場だったらなんだか寂しくなるもん。



実は20歳の頃、彼と「10年後のお互いへ手紙を書こう」と約束したことがある。
結局それは企画倒れに終わってしまったが、
私はこういう文を書きかけていた。


「30歳の君へ。実は君に彼女が出来る度寂しい思いをしていたのだよ。
でもそれは恋愛感情からの嫉妬じゃなくて、
なんていうか大事な存在の友達が少し遠くなってしまった気がして」



お互い同じことを考えていたんだなぁと思う。




安心してちょうだい。これまでどおり変わらないから。
変わったとしても、お互いそれで満足する形でしか変わらないから。
























これからもずっと君と永遠の友情を。








↓またまたランキングに参加してみました。宜しくお願いしマス
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 結婚しても一人旅! (旧)100万円で100日間、ワクワク海外一人旅ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

涙がほろり・・・
いい話やないかーーーい!
ちなみにこれって名古屋弁なの?

たくとくん

名古屋弁だよ!
北朝鮮行けた!?

まだ中国までも行けてないです笑
国境近くか北京に行って旅行会社に聞いてみます~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://akiyohime.blog51.fc2.com/tb.php/121-b29a929a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。